沖縄 太鼓 三線 三味線 エイサー太鼓 締め太鼓 パーランクー琉球衣装 文化遺産指定の三線修理 琉球楽器専門店

文化遺産指定の三線を唯一修理できる琉球楽器専門店






トップへ 特定商取引 送料について お問合せ
 エイサー太 製造工程 
  
●製造工程1
・・・・・材料選び

第一条件は十分乾燥している材料を使用する事です
第二条件はエイサー太鼓は人がかついで使用する太鼓なのでできるだけ軽い材料を使用します
パーランクー/締太鼓製造工程



パーランクー旋盤作業工程



パーランクー皮張り作業工程



パーランクー仕上げ塗り工程
完成品




エイサー締太鼓皮の製造工程
銀皮(表皮)天日干し



エイサー締太鼓皮の製造工程床皮(裏皮)
天日干し



エイサー締太鼓皮の塗り仕上げ
その1



エイサー締太鼓皮の塗り仕上げ
その2 



エイサー締太鼓の皮と胴と紐3つのパーツを
組み立てます



エイサー締太鼓の完成品




泡瀬第三青年会
      
製造工程2・・・・・集成胴造り
製材機を使い材料を鋸で切断して切り出し部分に鉋をかけて材料を張り合わせて集成胴を造ります
できるだけ軽くて丈夫に造るように作業を進めていきます
  
製造工程3
・・・・・旋盤仕上げ

旋盤機を使い胴を旋盤します鑿で少しずつ削り鑢、ペーパー、を使用して時間をかけてキレイな円形に仕上げます
     
製造工程4
・・・・・胴の補修仕上げ

旋盤で仕上げた後胴の表面の細かい凸凹を補修します
とのこ、パテ、大鋸屑、などで補修して表面を水平でつるつるの状態に仕上げ歌口の内部補強をします
   
製造工程5
・・・・・胴の仮仕上げ
胴の仮塗装仕上げ行ってから胴に太鼓釻を取り付けますそれから歌口の表面が皮を滑りやすくなるようできるだけ歌口をつるつるの状態に仕上げてから皮張工程に進んでいきます
    
製造工程6・・・・・皮の仮張り

最初に使用する皮選びエイサー太鼓の胴は和太鼓に比べ胴の強度が弱いため中厚の牛皮を使用します
一晩水につけて柔らかくなった牛皮を使用します牛皮を胴の上に
かぶせてからロープを掛けてセッティングします

 1、ジャッキを少しずつ上げる
 2、皮の上に体重をかけ足で踏み潰して皮をのばす
 3、ジャッキを少しずつ上げる
 4、皮を少し休ませる

1~4の要領手順を何度も繰り返して皮を張ります皮の縁の部分が破れない程度まで皮を引っ張り伸ばしてから仮皮張りの終了です
        
製造工程7・・・・・皮の本張り
十分乾燥している掛皮を使用最初に皮の銀皮と床皮の両面交互に時間をかけて水を少しずつ染み込ませていきます時間が経って皮の両面がやわらかくなれば皮を胴にかぶせてロープを掛けてセッティングします歌口の表面にロウソクや石鹸などを塗れば皮が滑りやすくなりその分皮を強く張る事が出来ます
 1、ジャッキを少しずつ上げる
 2、皮の上に体重をかけて足で皮を踏み潰して皮をのばす
 3、ジャッキを少しずつ上げる
 4、皮の縁の部分を木槌でたたいて皮を引っ張る
 5、皮を少し休ませる
1~5までの要領手順を何度も繰り返して皮を引っ張っていきます
音の調整を決め終わったら皮の周りに鋲を打ち込んで本皮張りの完了です

    
製造工程8・・・・・縁皮の切断


本皮張りの後1日経ってから皮の縁の部分を水平でキレイな状態にカッターナイフで切断します
    
最 終 工 程・・・・・完成品

最後に胴に(色付け)仕上げ塗りを行ってから太鼓釻の雲板に鋲を打ち込んで固定すればエイサー太鼓の完成です
■TOP  ■特売品  ■三味線/付属品  ■パーランクー ■締太皷/付属品  ■エイサー用太皷  ■沖縄平太皷・付属品
■台一覧  ■琉球衣装/小物 ■CD・DVD 
 ■エイサー太皷製造理念 ■エイサー太皷製造工程 
会社概要 ■店舗案内 ■特定商取引 ■送料 ■カタログ ■map ■お問い合わせ
新崎太鼓三味線店 【営業時間9:00~20:00】【定休日 日曜日】
〒904-2172 沖縄県沖縄市泡瀬6-4-28
   TEL(FAX)098-937-9400

Copyright 新崎太皷三味線店 All Rights Reserved